ドライマウスカード
ドライマウスってどんな病気?
ドライマウスカードをご希望の方は
医療機関向けドライマウスカード案内ポスター
寄付のお願い/寄付一覧
ドライマウスカード
「美術館に行ったけれど、喉が乾いて最後まで見られなかった」「ガムを噛んでいたら失礼だと思われないだろうか」。ドライマウスに悩む人々には必要不可欠な水分補給やアメやガムの摂取も、ドライマウスという病気の認知度が極めて低い現状ではなかなか理解してもらうことができません。しかもドライマウスは、外見からは全くわからない病気。これまで多くの人が、“我慢をする”か“諦める”のどちらかを選んできました。そんな中、ドライマウス患者友の会会員から挙がったひとつの声が、いま、形になりました。

「少しでも周囲の理解が得やすくなるツールがあったらいいのに」

「ドライマウスカード」は、そんな声にお応えして誕生した、ドライマウスという病気と、その対処方法に対して少しでも理解を得やすくするための、お手伝いのツールです。
 
口の乾きを少しでもやわらげるためにこまめな水分補給をすることや、唾液を少しでも出すためにガムを噛んだりアメをなめることは、ドライマウスに悩む人にとって、とても重要なことです。ドライマウスの症状をやわらげる方法として、これらは多くの医院でも推奨されています。ただ口や喉が乾くだけ、では片づけられない“病気”であることに何卒ご理解をいただき、また、ご配慮いただければ幸いです。
 
このカードは、まだまだ知られていないドライマウスという病気と対処方法に対する理解が少しでも得やすくなればという思いから、<ドライマウス研究会>が発行しております。
※ 公的機関が定めるものではございません。
※ 法的拘束力は一切ございません。
※ 本カードにおけるマークおよび文章の著作権は、ドライマウス研究会に帰属します。
※ 商用目的(営利目的)での使用を固く禁じます。
 
ドライマウス患者友の会
〒230-8501 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学歯学部 病理学講座内
TEL : 045-580-8362 FAX : 045-572-2763
MAIL :info@(MAILの@以下は、@drymouth-society.jp)
 
Copyright (c) 2002 DRY MOUTH SOCIETY IN JAPAN All Right Reserved