雑誌
テレビ/ラジオ
新聞
取材・記事・WEB掲載
メディア一覧
※このページに掲載のイラスト・写真・音声・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
 取材・記事・WEB掲載
「連載:男こそアンチエイジング! カラオケは『口の中』から若返えれる?」
(WEB 日経トレンディネット,2015.11.4)
「口が乾くドライマウス、目が乾くドライアイが続いたら、シェーグレン症候群の可能性も」
(WEB QLife 医療のニュース・特集、2015.10.9)
「歌唱からはじめる口腔機能の維持と心身の健康 日本抗加齢医学会総 会でセミナー」
(音健協通信、2015年夏号、2015.7.15)
「うたと音楽」で健康増進 音健協主催シンポに約500人参加 鶴見大の斎藤教授が特別講演」
(音健協通信 2015年春号、2015..4.15)
「玉ねぎ成分で唾液分泌 ドライマウス治療に期待」
(高齢者住宅新聞、2015.2.18)
「ケルセチンが唾液分泌促す」
(WEB日本歯科新聞、2015.2.3)
「ドライマウス 軽視は禁物」
(東京新聞/TOKYO Web、2015.2.3)
「鶴見大、玉ねぎに含まれるケルセチンが口の乾燥防止に効果的であることを明らかに」
(WEB財経新聞、2015.1.31)
「中高年に多いドライマウス 玉ねぎ等に含まれる『ケルセチン』で改善ー鶴見大学」
(WEBケアマネジメントオンライン、2015.1.30)
「玉ねぎ等に含まれる『ケルセチン』でドライマウスを改善ー鶴見大」
(WEBわかる介護、2015.1.30)
「玉ねぎ等に含まれる『ケルセチン』でドライマウスを改善ー鶴見大
(WEB歯との健康と美容のニュ−ス、2015.1.30)
「鶴見大、玉ねぎ等に含まれるケルセチンの唾液分泌促進効果を解明」
(日経新聞電子版、2015.1.29)
「鶴見大、唾液量が増加するタマネギ成分を解明」
(YAHOO!ニュース、2015.1.13)
「鶴見大、唾液量が増加するタマネギ成分を解明」
(日経新聞電子版、2015.1.12)

「なぜ自分のニオイは気付かない?」
(WEB web R25、2014.11.20)

「口臭がキツイ、ろれつが回らない、舌が痛い…潜在患者3000万人「ドライマウス」の正体ー鶴見大学歯学部・斎藤一郎教授に聞く」
(WEB DIAMOND ONLINE, 2014.10.2)
「働く女性に増える『ドライマウス』。悩み解消のカギを握るのは女子会!」
(WEB マイナビウーマン ー ビューティニュース、2014.5.23)
「かしこく延ばそう!健康寿命 口腔ケア お口元気でいきいき生活」
(株式会社ライズファクトリー、2014.1月)
歯周病、ドライマウスで老化が加速する!?
(WEB NIKKEY TRENTY NET、2013.12.19)
 
Copyright (c) 2002 DRY MOUTH SOCIETY IN JAPAN All Right Reserved